2011年08月03日

昔のナビゲーション

平成6年頃に付けたナビゲーションの入れ替えをしました。

当時ナビゲーションと言えば高嶺の花でしたねえ。
だいたいこのナビゲーションフルセットで40万はしたような記憶が・・・・

チルトアップする液晶モニターというのがまだまだ珍しく、モニターだけでデッキの厚み分有ります(笑)
外したときに順番が変わってますがこの下の部分がモニター。
4インチのモニターですから今のと比べると半分の大きさです。

ss-P1030303.jpg



そして地図のデーターはトランク内に取り付けた「CDチェンジャー」(死語)で6枚のCDを使って地図を表示させてました。

ss-P1030304.jpg



というわけで取り外したナビ&カーオーディオ一式。

ss-P1030302.jpg



どれだけ配線が必要やねん、というぐらい複雑。
ちなみにこのナビゲーションはカーショップで取り付けてもらったとのこと。
取付自体も高度な知識と時間が必要だったに間違いないですね。


これに変わって取り付けたナビは本体一個(笑)
価格は取付費込みで13万円なり。

・モニターの大きさは倍。なおかつ輝度が抜群に違う。
・本体だけで音楽聴けます。CDチェンジャーは必要ありません。
・携帯電話と繋がってハンズフリーでしゃべれます。
・衛星でだけでなくタイヤの回転でも走行が感知できるのでトンネルのなかでナビは止まりません。
・データーはメモリーに記録されてるので読み出しがとても早く地図にすぐ反映されます。


などなどとんでもなくで進歩してるのを一番驚いてるはオーナーさんです、はい。



おまけで、たぶん今回のナビ交換でクルマの軽量化が図られたと思います・・・







posted by てんちょー at 06:00 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ