2011年09月05日

南海電車の新型サザン

いちおう鉄ちゃんとしては新型サザンのことは触れておこう。

9月1日から新型サザン(12000系 サザンプレミアム)が営業運転してます。
泉大津は片側が既に高架になってるので踏切で出会う確率は半分。
正直まだ出会ってません。
乗るにも泉大津はサザンが止まらんからそう言う機会も少ない・・・
ラピートが導入されたときは「乗るだけ」のために子ども会で出かけましたが、今や我が町の自治会は子ども会も消滅・・・・
一度は難波からの帰りに堺まででも乗ってみようかなと思ってます。


というわけでYouTubeからリンクだけしておきます。










車内にプラズマクラスター空気清浄機が付いてたり、いろいろ今風の設備がいっぱいです。
デザイン的にも正面の「ひげ」が結構いけてると思うのですが・・・・



ついでにうんちくを一つ。
環状線を走ってる映像。



なかなか見れないレアな映像です。

サザンをはじめ最近の南海車両はがどういう方法で南海線の線路に入ってくるかというと、南海線は線路の幅が関西の私鉄にしては珍しくJRの在来線と同じ幅なんです。
(他は新幹線と一緒の幅でちょっと広い)


それを利用して東急車輌を貨物列車扱いで機関車に引っ張られて出発して、東海道本線〜新大阪〜西九条で大阪環状線へ。
天王寺で阪和線へ入り和歌山へ、そして和歌山でのJRー南海接続線を使って南海の和歌山市駅、それから南海本線内を自走して難波、難波から高野線で千代田車庫で最終整備、という手順です。

昔は天王寺で南海線との接続線があったのでこんな複雑なことしなくてもあっさりと送り込めたのですが、今はそういう線路も廃線となってこんな遠回りになるんです。
たまにはJR和歌山線を使うこともあるとか・・・

めったに見れない特殊な運行なのでマニアにとっては嬉しいものです。


ちなみに私はそれを追いかけていくほどでもない程度の鉄ちゃんです。





posted by てんちょー at 05:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ