2011年09月24日

スバルサンバー生産終了

設計では最古参スバルサンバーもいよいよ生産終了

業界内では無くなっていく車両というか車名がいっぱいあります。
生産が右肩上がりの時代にいろいろ開発された車も今のこの日本の現状から見て、車種を増やしたりなんて言うのはもってのほかで、生産する車の種類を減らすことでコストダウンを計り、何とか生きながらえてるというのがもはや常識です。

トヨタの代表的なコロナ、とかカリーナ。
日産ならセドリック、ブルーバード、サニーなどもうこの世に存在しません。

ここ最近、業界では自分の得意なジャンルに資産集中させるのが手法。
乗用車製造販売を得意とするメーカーは自社の開発で作っていた商用車とか軽自動車の生産をやめて、他社から完成車を車名だけ替えて仕入れ、顧客に売ります。
他社に遅れを取って売れなさそうな車の開発費を抑えてコストダウンを目指します。

日産は軽自動車を売ってると言いますが全てスズキと三菱から調達した軽自動車です。
今度トヨタが発売する軽自動車はダイハツ製。
もちろん全部一緒ではなくエンブレムとか装備は「母家と隠居」では少しずつ替えて仕様がダブらないようにはしてますが・・・・

そして主流から外れた車は車両本体のみならず名前も無くなっていきます。

その流れでスバルのサンバーも自社開発・生産がなくなります。
赤帽さんのベースになってる車でそんなにメジャーではありませんが他の車種に比べて大口納入されることが多い車でした。

大まかのあらすじは http://www.j-cast.com/2011/08/29104306.html?p=all このページを見てください。


サンバーの場合、ダイハツからハイゼットを製品として調達するので車名がなくなるのか存続するのかはわかりませんが、オリジナルで設計された車ががまたひとつ日本から無くなるのです。





posted by てんちょー at 00:39 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ