2011年10月26日

自転車のルール強化

自転車走行ルールの曖昧さがやっと改善されそうですね。

今日の新聞に「事実上の方針変換」と乗ってました。
歩道をを走るとか無灯火とかそりゃもう今までがあまりにも時代が進んでるのに現実を見ない、言うなれば行政独特の後手後手がやっと重い腰を上げたようです。

ここ数十年自動車の発展が主導権を持っていたので、自転車自体が社会の陰に隠れておざなりにされてきたんですよね。
その間に育った人たちは「自転車は歩道を走れ」とか「歩行者信号にしたがって走れ」とかどこにも基準のない教育をされてきました。
もちろん私もそのうちの一人です。

自動車と自転車の事故をなくすために「臭いものに蓋をする」方式で、本来なら自転車レーンを整備すれば良かったところを、歩道を自転車レーンに仕立て上げてしまったのですから矛盾が生じるのも当たり前です。

そして自動車の事故が飲酒運転強化で増加が一段落してきたので、今度は自転車を本格的に取締対策始めたようです。
もちろん取り締まると言っても自動車にある「反則金制度」は自転車には当てはまりません。
そんなルールは設定されてないからです。
捕まったら自動車で言う「赤切符」しか発行できないのでいきなり「交通前科者」になります(笑)


まあ実際車で走ってて、お年寄りにいきなりルールが変わったから従いなさいと言っても「そんなルール知らん、習ってない」となるのですぐにはがらっと変わるわけではないですが、せめて最初に


自転車も左側通行の厳守

だけは啓蒙して欲しいと思います。
歩道での車道でも良いですから「逆行してる」、という気まずさを植え付けるといいと思います。



これだけでかなりスムーズな交通整理になると思います。
まずはここからお願いしたいものです。





posted by てんちょー at 16:15 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ