2011年10月31日

サンダーバード ジェットモグラ

ミニチュア作りの好きなお客さんの新作を見せてもらいました。

時々話題にしますが私は大のサンダーバードファン。
そのサンダーバードファンである私にまずはぜひ見てもらいとお店に持ってきてくれました。
作品自体は今度ジョーシン電気キッズランド主催のコンテストに出品するためのもらしいです。

このお客さん過去にも こんなたこ焼き屋さんのミニチュア を作って見せに来てくれました。
その方の新作です。

ただただ感動ものです。

もう少し私に撮影技術があればもっとこの作品の臨場感とかできあがりのすばらしさをお伝えできるのにと悔やみます。

とくとご覧ください。
写真は全てクリックで拡大できます。

ss-P1040152.jpg

ss-P1040153.jpg

ss-P1040154.jpg

ss-P1040158.jpg

ss-P1040159.jpg

ss-P1040160.jpg

ss-P1040161.jpg

ss-P1040162.jpg

ss-P1040163.jpg

ss-P1040164.jpg

ss-P1040166.jpg

ss-P1040167.jpg

ss-P1040168.jpg

ss-P1040169.jpg

ss-P1040170.jpg

ss-P1040171.jpg

ss-P1040172.jpg

ss-P1040173.jpg

ss-P1040174.jpg

ss-P1040176.jpg

ss-P1040177.jpg


うれしさの余りこれの倍ほど写真撮ってピンぼけとかで出来の悪い写真をカットしてもまだ余りあるほど撮ってしまいました(笑)

ちなみこのシーンの設定は

「9.11のビル崩落現場にけが人が発生。国際救助隊がニューヨークでジェットモグラを使って救助活動を開始するところ」

らしいです。


9.11の写真をつぶさに観察してシーンを切り取ってジオラマ化した、とおっしゃってました。
ニューヨークの青いポストとか壊れた信号機などは全て写真の中にオリジナルがあって、それをネットで検索してそれを基に見て作ったとか・・・・



この方は画も上手です。


すばらしい才能をお持ちです。
うらやましい。
私なんかアメトークの「絵心のない芸人」と何ら変わらない程度しか画を書けませんから。
例の「顔はこっち見てて胴体は横向きのライオン」、とか。
あの番組を見てて心から笑えません。
なんか自分を笑われてるような気がします・・・



仕事ではこんな作り込みはでけへん、とご本人はおっしゃいます。
おっしゃるとおりこんなこととは全く関係の無いお仕事をしておられます。

やはり趣味とはすばらしい力を発揮するんですね。






posted by てんちょー at 05:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ