2011年12月12日

東京モーターショー2011

10日の土曜日に東京モーターショーへ行ってきました。

東京モーターショーといえば、やはり自動車関係の中で日本で一番規模がでかくて由緒&歴史のあるイベントです。
自動車メーカーもこのモーターショーに照準を合わせて新型車やコンセプトカーを持ち込んでくるのです。
自動車産業が華やかだった過去から現在に至るまで行われてきたのです。

生前の父親の話でも、東名・名神高速道路開通時に高速道路を試走するために東京モーターショーへ行った、てな話をしてました。
そんな時代から行われてるのですから確かに歴史はありますよね。

ただ昨今の状況から自動車業界も不況風が吹きまくり、動員客の減少が見込まれてるのと、各メーカーの投資額が減った関係か、前回までは千葉の幕張メッセで行われてきたモーターショーを今回は都心にある東京ビッグサイトでの初開催となりました。


自動車修理屋さんとしてあんまりコンセプトカーとかには興味が無くて今まで行ったことが無かったのですが、ビッグサイトであれば羽田空港から30分ぐらいで行けますし、一度は見ておいた方が良いかなということで初めての東京モーターショー参加となりました。

ss-P1040230.jpg


まあしかし一番最初に感じたことは

「人が多い」

ある程度は覚悟していきましたがはっきり言って「さすが東京」
会場へ行く道路でこの感じ。

ss-P1040221.jpg

ss-P1040225.jpg


会場内もやっぱり人がてんこ盛り。
人気車の前では人が多くてそばに近づけないほどで手を伸ばしてかろうじて撮影。

ss-P1040253.jpg


自分としては実は車体のデザインとかその車の方向性とか、実はあんまり興味が無くて同時に出展されてる部品メーカーのブースの方が興味があったりします。
特に「カットモデル」はとても好きです。
これがうちの店にあったら修理内容の説明がとても楽になるのに・・・と思います。

ss-P1040272.jpg

ss-P1040278.jpg

ss-P1040279.jpg

ss-P1040282.jpg

ss-P1040284.jpg


いろんな自動車を構成してる部品ですが、既に開発されてるもの、これから市販車に乗ってくるもの、などなどハンドルまわりの一品から、トラックのハイブリッド用のバッテリーとか、どれだけでかいねんと思うような部品まで、たぶん車を見てるよりそっちを見てた時間の方が長かったと思います。

全体の流れはもう一言で言って


モーターで走る車がいっぱい


でした。
ハイブリッド車にせよオール電気自動車にせよ、大きいトラックからミニバイクまで、とにかくいろんな方法で電気で走る車ばっかり、という印象でした。
本当のこれが「エコ」という方向性か?というのが正直なところ。
なんか誘導されてそう思い込まされてるのではという疑問が残るほどの「モーター」のオンパレードで、「これがホンマのモーターショーやな」と独り言を言ってました(笑)


一通り見終わってビッグサイトといえば数年前エスカレーターに人が乗りすぎて重みに耐えきれず逆行した事件がありました。
そのエスカレーターがこれ。

ss-P1040308.jpg

当日も係員が「エスカレーターには一段空けて乗ってください」と連呼してました。

単に話題のエスカレーターを見た、というだけのことなんですが・・・・



そして羽田空港に移動中、バスの中から今夜これから月食になりますよ〜、というお月さんを見ながら東京にバイバイをしてきました。

ss-P1040329.jpg



年が明けると大阪でもこの出展の規模を少なくした「大阪モーターショー」が1月20日(金)〜23日(月)までインテックスで開催されます。
案内のサイトは こちら です。





posted by てんちょー at 06:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ