2012年02月27日

タッチパネルがいっぱい

いろんなタッチパネル式の機器がいっぱい。

P1040586.jpg

上はスマートホンIS03で、右はiPad、左はモトローラ製のXOOM(au)。
たまたまXOOMを持ってるお友達が「比較してみたら?」と親切にも置いて行ってくれました。
こうして並べるとなんか幸せ(爆)


しかし一昔前に画面を触って直接指示を出すなんて映画の中の出来事でしたが、こうして並べてみると思いっきり生活の中に入ってきてますね。
車のナビゲーションもタッチパネルになって格段に操作性が上がりました。


比較しようにもみんなそれぞれ目的とか趣旨が違うので使い勝手とか操作性とかを一概には言えないぐらいみんなそれなりにすばらしい。
iPadのみが土台のOSがMacOSでのこりはAndroid。
そしてキーボードの行き先はWindows。

みんな世の中をがらっと変えてしまったインパクトのある製品です。
でも全部発祥は米国製・・・・
このあたりはちょっと寂しいものがあります。


自分にとってMacOSは初めて。

機器としては次男のiPhoneに続いて2台目。
ここ一週間ぐらいiPadでMacOSとはどんなものかをいじりたおして習得してますが、Windowsを発想が違うところが多々あって慣れない分、驚きとイライラが混じり合ってる状態。


で、一番の収穫は「画面がでかいと操作が楽」ということ。
パソコンの画面もでかいですけどなんか指で操作するというダイレクト感と画面との距離感がすごく良いです。
つまりは自分も含め


老眼の人


にはタブレット型の機器が一番良いです。
キーボードを押すわけでなく、マウスを握るわけでもなく、直接操作するというのがなんとも身近ですから、今風のお年寄りへのプレゼントにはタブレット型機器が良いのではと思います。


なんたって嫁の母は最初は携帯なんて使えない、と言ってたのにいまや携帯のボタンが爪で削れて文字が見えなくなるぐらいお友達とメールしてたりします。
興味というものは機器を手に入れてからいきなり増加するものなのかもしれませんよ。


iPadを骨の髄まで使いこなすおじいちゃん・おばあちゃんってかっこいいと思います。





posted by てんちょー at 06:00 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
老眼きましたー!スマホはもう無理でタブレットで何とか読めてます
目がショボついてくると10.1インチ液晶でも厳しくなります
Posted by くしだ at 2012年02月27日 09:33
同じく・・・・(笑)

車の運転用メガネでは車内でスマホのメール文面は辛いものがあります。
タブレットでも辛いときがあります。

なので最後はメガネを外して「近眼力」に頼らざるを得ません。
事務所なら室内用メガネなのでまだスマホでも大丈夫。

裸眼で視力が良い同年代もそろそろ遠近両用メガネが必要な時期ですね。
Posted by てんちょー at 2012年02月27日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ