2012年05月14日

アプリオ 参号機 レストア開始

連休も明けて部品が届いたので本業が終わってからレストア開始。


というわけでこまかい部品がてんこ盛りなのでビニール袋が散乱してしまいます(笑)

ss-P1050079.jpg



今回はエンジンそのものはある程度チューンした状態で手に入りましたので、パワーアップとかいう作業はほとんど無く消耗品のリセットが主な作業になりました。
2号機に比べると作業量もかなり違いました。


エアーフィルターのケースが割れていたので、裏側のケースを交換、合わせ目のパッキン、そしてフィルターの交換。

ss-P1050084.jpg


冷却ファンの羽が一部ひび割れていたので接着剤で修正&補強

ss-P1050087.jpg



2サイクルエンジンの要とも言えるオイルチューブ。
堅くなってたので絶対に交換。
これを放置するとそのうちエンジンにオイルが行かなくなってエンジンが焼き付いてしまいます。

ss-P1050089.jpg



冷却ファンからエンジンへ空気を送るダクトを付けるとそれらしい形に復活してきます。

ss-P1050097.jpg


キャブレータ−からエンジンの間の空気の通り道、マニホールドと言いますが、これもヤマハのバイクは交換必需品。

ss-P1050102.jpg


キャブレータ−本体も数日間カーボン清掃剤につけ置き洗いして外も中身もきれいにしました。

ss-P1050103.jpg


そして組み上がった状態でエンジンオイルタンクに新しいオイルを入れて、ポンプの空気抜きをして、キャブレータ−にガソリンを導いて「火入れ式」です。

ss-P1050108.jpg


エンジンは無事掛かりました。
まあ来たときもちゃんと掛かっていたので、自分で分解組立後に掛からなければ冷や汗ですが(笑)

このあとは外装を取り付けてほぼ完成と相成りました。




さて試運転を兼ねてガソリンスタンドで燃料満タンにして燃料計を見ると「F」の表示まで上がらない。
「F」から一目盛り下までしか針が上がらない。

こりゃまずいということでまたセンサーを点検しようとするも取り付けた外装をほとんど外さないとタンク自体にアクセスできません。

取り付けた外装を再度外してガソリンの量を量るセンサーを点検開始。
このあたりは中古につきものの行ったり来たりの繰り返しです。
なんど外装を分解するか・・・・


ss-P1050115.jpg


ss-P1050116.jpg

とりあえず電圧は正常に出てるのでひょっとしたらメーター側の特性がずれてきてるかもしれないので、現在中古品を物色中。
一度替えてみましょう。




参号機のリヤキャリアはU字ロックを収納できるタイプでこれは便利。

ss-P1050118.jpg


プレートに自賠責ステッカーを・・・
そしてナンバープレート盗難防止ネジ「JCCロック」を。

ss-P1050120.jpg



ヘッドライトは黄色のレンズだったのですが、なんか黄色では夜間が暗いのがイヤで透明タイプに交換。
昔はレンズだけ手に入ったのですが最近はアジア製のヘッドライトが出回ってますからライト本体ごとを買ってもレンズだけより安いという状態。

ss-P1050121.jpg


少し走ってみましたがいまいち出だしが悪い。
次はこのあたりを詰めていこうかな。

しばらく充実した日々を送れそうです。








posted by てんちょー at 06:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ