2012年06月05日

今年のツバメ

今年もツバメが来てます。


ここ10年ぐらい毎年うちの店にやってきてます。

巣立っていたことどもなのか、同じ親がまた来てるのか、全く他人さんが来てるのかはさっぱりわかりませんが、たいてい産卵から巣立ちまで2クールしますので、だいたい6〜10羽ぐらいの子孫が巣立ちます。

近所に蛇が居ったときは2クール目の雛が食べられるという事件が2年連続で有り、朝見たら巣が空っぽ、と言うこともありました。
その蛇もある年に捕獲して楯並橋の上から大津川にポイしましたのでそれからはお目に掛かってません。


その巣の位置なんですがだいたいからして店の中に巣があるのでいろんな意味で大変です(笑)

ss-P1050352.jpg


休業日はシャッターが閉まってるので、通路用に一つ窓を開けておかないといけませんが、大雨が降ると雨が入ってくるのでその兼ね合いに気を遣います。
特に深夜の大雨は一旦閉めますが彼らは朝が早い(笑)
閉めたままだと工場から出るに出られず中を出口を求めて飛び回ります。
なので日が昇るころに開けてやらないといけません。


ときどきペットでもないのに何をしてるんやろうと窓を開けながら空しくなります・・・



今日の親子です。
今のところ5羽います。
時々脱落して減りますからそれもあんまり見たくないです。

ss-P1050340.jpg


口開けすぎ(笑)

ss-P1050350.jpg



毎年観察してると親鳥の習性もいろいろあるんだなと気付きます。

今年の親鳥は夜に工場の中で蛍光灯を付けてると昼と勘違いするのかいつまでも外に出ようと工場の中を飛びまくってます。
飛ぶたびに雛が「えさ〜」っと騒ぐので工場の中がうるさいです。

根性の座った親だと人間様が巣に近づいても動じなかったり、夜は休み、とばかりに夕方以降は一切飛ばなかったり、ツバメにもいろんな性格があるみたいです。

今年のツバメはビビりなんでしょうな。


よく「ツバメが来る家は栄える」と言われます。
毎年来てくれるの願ってやみません。
なぜなら

来てくれててこの生活ならもし来なくなったらどうしよう?

っと思って春を待ってるんです・・・





posted by てんちょー at 06:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ