2012年06月07日

アプリオ四号機 レストア その3

仕事が終わってからのレストア作業 つづく・・・

車体右側の付属品の組立開始。


右側には冷却ファン関係があります。
冷却風をエンジンに導くカバーなどを付けます。

ss-P1050384.jpg



それと同時にオイルの供給用のホース類を新品に。

ss-P1050385.jpg



インテークマニホールドと呼ばれる部品。
ヤマハのウィークポイントで劣化すると割れます。
もちろん新品に。

ss-P1050388.jpg



そして吸気系統を組立、ガソリンホースやガソリンコック負圧ホース、オイル供給ホースなどを取り付けて行きます。

ss-P1050394.jpg

ss-P1050396.jpg

ss-P1050401.jpg



駆動用のプーリー
車で言うとCVTにと同じ役目をするところです。
錆びて使い物にならんかったので泣く泣く交換。

ss-P1050405.jpg




こんな感じにセットされ駆動用のベルトを挟み込みます。

ss-P1050406.jpg


そのあたり専用のグリス。
専用と言われたらなんか使わないといけないような気がして今回始めて購入。
どっさりありますので必要な方はどうぞ(笑)

ss-P1050407.jpg



これを所定の位置に塗り塗りして組み立てていきます。

ss-P1050411.jpg

ss-P1050412.jpg



この重り一つで加速時の変速特性が変わってしまうというスクーター型の原付のおもしろいところ。
原付レースなどでは0.5グラム単位で調整したりするんです。
すごくアナログな部分です。

ss-P1050417.jpg



あとはお買い物バイク御用達のサイドスタンド

ss-P1050421.jpg



オイルとガソリンを少量入れて感動の(笑)火入れ式!!
わかりにくいですが煙を吐いて無事エンジン始動しました!!

ss-P1050428.jpg


動くとなれば次に大事なのはブレーキ。
フロントブレーキをデイトナ製の赤パッドに交換。

ss-P1050431.jpg



さてさてこのあとは最低限の外装とナンバープレートを付けて試運転開始です。








posted by てんちょー at 05:00 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ