2012年07月30日

踏切廃止されたら通られへん??

祝! 南海本線高架工事完成!!

長年工事中だった南海本線の泉大津での高架工事が8月4日に下り線が高架化される。
これで晴れて上下線が高架の上を走るようになります。

10年ぐらい工事をしてたような気がしますが実際いつから始まったかは覚えてません。
ただ初期の頃の工事現場にあった看板には「平成20年3月完成予定」と書いてあったのがいつの間にか「平成28年3月」に変わっていたことだけは覚えています。

幼いころからあった南海電車の踏切ととうとうおさらばすることになるんですね。
出身校は戎小学校でしたからほんとによく混む踏切と長年身近にお付き合いしてきたことになります。
免許を取っても生活圏にある道路の踏切でしたからのべにしたら何度渡ったかわかりません。
また南海電車ファンであった自分としては通り抜ける電車をわざわざ眺めていた思い出の場所でもあります。

線路が上がるとその下には新しい道路が平行で2本出来るそうです。
松ノ浜から大津川手前までの一本道が出来そうですからこれはこれで便利になるかもしれません。



それはさておき、最近2〜3人の人が話をしてるのを聞きかじりました。


「踏切の所に看板有るやろ、”8月4日で踏切道が廃止されます”って書いてある。踏切廃止されたら不便やなあ、どこへ迂回せえなあかんねやろ」


って。


一人ならともかくいろんな人が「踏切が廃止」という言葉をどうも間違って理解してるようです。
踏切が廃止されたら車も人ももう通れない、と理解してるらしく「不便になるなあ」と思ってたようです。
自分は理解できましたけどいろんな人が同じことをいうことに逆に驚きました。



人にいろんな故障原因を説明する側の自分としては、自分の思ってることを間違いなく人に伝えるのはほんとに難しいことやなあ、と改めて思いました。
こっちは普通に言ってるつもりでも聞く人のちょっとした勘違いや立場の違いで変な風に理解されることもあるんだなと痛感。



なんて思いながら今日踏切を通ったときに改めてその告知看板をしげしげと眺めて文章を読み直してみました。
すると看板に新たな文が追加されてました。(写真を取り損ねた)


「引き続き通行できます」


きっと問い合わせが殺到したのではと思います。



8月4日までに南海電車の踏切を通過するときにはぜひ看板に注目。
そして文におかしいところが無いかをご自身で確認を(笑)





posted by てんちょー at 01:29 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ