2006年04月24日

故障車多い

23日は岐阜まで名神高速道路を走りました。
めっちゃくちゃすいてて快適そのもの。
けどナビから聞こえるのは故障情報ばっかり。ナビの渋滞情報と共に障害情報も入ってきます。
VICS(びっくす)情報のなせる技です。
これがあるのでだいぶと気持ちが軽くなります。
同じ渋滞のまっただ中でも、どこら辺までなのかとか原因は、というのがわかると楽です。

23日はそういう情報は一切無く、かわりに「○キロメートル先に故障車です」とこればっかり聞いてました。
確かに現場に行くと路側帯にボンネットの開けた車が止まってます。
たった130qほどの間に6台です。その内バイクが一台(笑)。
みんな車から降りて呆然と救援を待ってました。
道路情報に故障車が反映されるまでそれなり時間が掛かるのでしょうから、とまってから時間がたってるでしょう。

ひょっとして安い車検の影響がこんなところに出てきてるのかなあ?と手前味噌な思いをしながら走ってました。
もちろん車検したからといって「故障」は未然に防げないんですが、こういうトラブルで止まってる車に限って、
ちょっとした「メンテ不足」が原因なんではと勘ぐってしまいます。





posted by てんちょー at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/606026
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ