2013年04月15日

日産セレナ オイル漏れ修理

日産セレナ「エンジンからオイル漏れが始まった、寿命ですか?」と入庫。

型式PC24 平成12年式 走行22万キロ

ss-P1060436.jpg



オイル漏れの箇所を探してみるとエンジンのカムカバーとシリンダーヘッドとの間のパッキン部分からのオイル漏れでした。
車の修理からするとオーソドックスな症状。
いつもものごとく熱でパッキンが劣化して堅くなり密閉できなくなったのです。

ss-P1060437.jpg



これなら寿命でも何でも無く洩れてる場所を修理しても致命的な金額が掛かるほどでもありません、
と説明するとお客さんはホッと一安心といった様子で「じゃあ修理してください」とお車を預かりました。



カムカバーを外すため付属品を分解していきます。

ss-P1060438.jpg

ss-P1060440.jpg

ss-P1060441.jpg

ss-P1060443.jpg



そしてお目当てのカムカバーが外れました。

ss-P1060445.jpg



外れたカムカバーを見て特筆すべきことは


きれい


オイル焼けがしていない


シリンダーヘッドにスラッジがない


ss-P1060446.jpg

ss-P1060447.jpg


これは22万キロ走ったお車にしては抜群の状態。
新車からずっと愛車を大事に手入れして、定期的にエンジンオイルを交換してきた努力というか愛情の現れです。
う〜んすばらしい!




というわけで肝心のパッキンを交換します。

ss-P1060455.jpg



プラグホールのパッキンは外すともうばらばらになってしまいました。
下が新品の部品です。

ss-P1060457.jpg



この車のエンジン(SR20DE)ではデストリビューター付け根のこのパッキンも変えておく方がいいです。

ss-P1060458.jpg



パッキンを全て組み替え、外した部品を元通りに組み付けほぼ完成。

ss-P1060459.jpg



これほど愛情を持って手入れされたお車でも時間がたてばパッキンなどは劣化します。
オイルが漏れ出し始めたこの段階で気付くというのは日頃から車を大事にしてるその愛情の表れでもあります。

こういう細かい修理を積み残していくと最後は手の付けようが無いコテンパンな車ができあがります(笑)
人間でたとえるなら「不養生を重ねた結果の手遅れ状態」。
そうなると「このあたりでそろそろ乗り換えを」ということになるんです。
正直、車もこれくらい乗れば「よく働いてくれた」といえますが、10年足らずで「手遅れ」な車ができあがったりするんですよね。
正直もったいない。



セレナはまた通勤の足として活躍するためにオーナーの元へ帰って行きました。









posted by てんちょー at 00:34 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ