2013年06月17日

日産セレナ ラジエーター水漏れ

水漏れ症例は続きます。今度はセレナのアッパータンク割れ。

またしても同じような故障が続くジンクスです。
今度はセレナ。
こないだオイル漏れを修理した22万キロ走ってるお車です。
オーナーさんもブログ見て頂いてるそうなのでご報告を兼ねて。

ss-P1060885.jpg



日頃から愛車の機嫌を常に気にしてるオーナーさんですから、ボンネットを開けたときにエンジンルーム内に飛び散った冷却水の跡を発見。
この段階で発見できたのでオーバーヒートする前に修理ができて、お車の寿命が延びました。
オーバーヒート=廃車、っていうストーリーは多々あります。


さてどこから洩れて飛び散ったかをテスト。
圧力を掛けてみます。

ss-P1060888.jpg



予想通りの場所からの漏れです。
ラジエーターのアッパータンクという場所です。
昔は全部金属でしたがいまはこの部分は耐熱プラスチックです。
かなりの耐久性はありますが、高温・高圧・風化により破損します。

ss-P1060895.jpg

ss-P1060896.jpg



他の部分からの漏れはなさそうなので、アッパータンクだけを交換してできるだけ低コストで修理、あとはメインのホースも交換することでお客さんと話がまとまりました。
ラジエーター全体を交換すると高額になります。
ディーラーなんかではそういう見積になってしまうでしょうねぇ。
お車一台一台の使われ方を吟味してベストプライスを目指します。


車からラジエーターを外し、ファン関係を分解していきます。

ss-P1060940.jpg

ss-P1060942.jpg



この状態まで分解して、専門業者にアッパータンクだけを交換してもらうように依頼します。

ss-P1060943.jpg



というわけで修理が終わってラジエーターが帰ってきました。

ss-P1060946.jpg




車両に組み付けていきます。

ss-P1060947.jpg

ss-P1060948.jpg

ss-P1060949.jpg

ss-P1060950.jpg



ホース類を接続して、冷却水を注入。
CVTフルードもラジエーターの中を通っているので、減少分を補給します。

そして圧力テスト。

ss-P1060952.jpg




しばらく放置後圧力低下と漏れがないかを確認後、試運転。
無事作業完了

ss-P1060954.jpg

ss-P1060956.jpg




これでまた新しい故障箇所が出るまで(笑)ご機嫌よく走ってもらえるでしょう。


仕業点検(死語?)は大事ですね。
また一台お車の寿命が延びてゴミが減りました。
気に入ってる車をみすみすゴミにしないように日頃から愛ある点検をオススメします。
その車を買い換えたいならこの限りにあらずですが・・・





posted by てんちょー at 06:00 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ