2007年11月21日

リサイクル料

自動車のリサイクル料の車検時徴収もそろそろ終わりですね。

3年前に始まった自動車のリサイクル料金の制度。
いつのまだれが決めたのか業界の中にも全く伝わってこないまま始まって、新車購入時に払ってない既存の車は車検時に「預託」(預ける)しないといけなくなってちょうど12月でまる3年になります。
3年前の12月に購入した方は新車購入時にリサイクル料を預託してない最終組になるわけです。
これ以降の車検の満期が来る車は既に払ってる、ということです。

預託するためのシステムも用紙も新車ディーラーでは必要でしょうけど、我々自動車修理屋さんは、紛失した方への再交付だけになります。
けっこうお金の掛かった仕組みだと思うのですが、とりあえず目的は達成したという感じですね。
今後は全ての車がこのシステムに登録されたという事に基づいて、廃車された、解体された、輸出された、などなどその車の行く末を管理されるようになります。

しかし皮肉なものでこのシステムは不法投棄を防ぐという大きな目標があるにもかかわらず、今は金属の値段が上がってるので、金属回収業者が元気いっぱいで引き取ってくれます。
なので数年前にはいっぱいだった不法投棄される車がない。

なんだかなあ〜





posted by てんちょー at 12:33 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ