2013年11月05日

トヨタスパシオの車検 内容報告

オーナー様へスパシオの車検整備内容報告。

トヨタスパシオ ZZE122N 平成16年式 約9万キロ

車検整備でご入庫。
このお車ちょっと前に当店でブレーキとタイヤを交換済みでその時にだいたいの車検作業の目安を付けていました。

車検時にあまり金額が張ることがわかるとお客様も暗くなるし、その気持ちが伝わるこちらも暗くなってしまいますが、タイヤなどの消耗品での金額が張る部分を既に作業済みだったのでちょっと心が軽い♪♪



前ブレーキの残量

ss-P1000810.jpg


後ブレーキの残量

ss-P1000809.jpg


タイヤの溝残量

ss-P1000811.jpg


目視で大丈夫とわかっていても「数値」で記録を残します。




作業中整備するかしないか際どい部分が発覚。
トヨタ、ホンダ、あたりの年式が進んだ車に多いのですがドライブシャフトの内側ブーツが劣化して、締め付けてあるバンド部分からグリスが漏れ出します。
漏れたグリスがマフラーに掛かってます。

ss-P1000796.jpg


ブーツが破れてると問答無用で交換なのですが、この場合手当てして交換部品を削減する方針に決定。
バンドを増し締めすることで漏れを減らして後は飛び散ったグリスを清掃。
マフラーにこびりついた部分は油分が飛んで発火の恐れもないのでそのままにします。

ss-P1000807.jpg




そして自動車にも点滴。
これはRECS(レックス)といってワコーズという会社が開発した「吸気管内の汚れを除去」する為のもの。
走行距離が進んだ車にするとアクセルを踏んだときのエンジンの軽さが変わります。
自分の車で実験して効果があったので作業として採用してます。
キワモノはまず自分が「人柱」になります(笑)

ss-P1000812.jpg

ss-P1000813.jpg

ss-P1000814.jpg



あとはエアコンフィルター。
「田舎の汚れ方」のご紹介 (#^.^#)
土色が目立つ上に枯れ葉が混じります。

ss-P1000816.jpg

都会で走る車とはひと味違った汚れ方をします(笑)



後はバッテリー、ワイパーゴム、ブレーキフルードなどなどの交換でした。
あと4年乗るというオーナーさんのご希望に添って整備計画を立てて作業しました。


F様 当店のご利用ありがとうございました。





posted by てんちょー at 22:28 | Comment(0) | ふたば車検
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ