2013年11月25日

日産のエンジンリフレッシュ

日産から展開される新しい吸気系・燃焼室洗浄剤を導入します。

最近のお車は厳しい排ガス規制のために余計な有害ガスを車外にださないようになってます。
その有害なガスを出さない、ということに加えて、燃費を良くするためのいろんな工夫がされています。
その結果、エンジンが外気を吸う系統にすす(カーボン)やらエンジンオイルの揮発分とかがたい積するようになりました。
一種、「今どきの」不具合なんです。
今風のエンジンの方がたい積物に対する対策が必要となります。


そのため当店でもその対策として以前からワコーズのRECSという「点滴」をして、たい積物を除去する整備をしてきました。

ss-P1000814.jpg




が、日産からも新しいバージョンの「エンジンリフレッシュ」が、
我々の一般整備店にも展開されるようになりました。
(うちが近畿で3件目だそうです)手(チョキ)

ss-DSC_0009.jpg

ss-DSC_0010.jpg

ss-DSC_0011.jpg





日産がメーカーとして展開する以上、PL法の関係で施工店にはしっかり方法を伝授しないといけないということで、訪問講習を受けました。

ss-DSC_0007.jpg



おおよそ今まで蓄積してきた知識の範囲内で施工できるので講習自体はとても簡単に終わりました。


いままでのワコーズのRECSという「点滴」にくらべると洗浄できる範囲が広い、と言う特徴があります。


RECSでは施工しにくい車もありますし、エンジンリフレッシュでも作業がしにくい、と言う車もあるので臨機応変お客さんのエンジン構造によっての使い分けが必要かなと思いますね。


これらの「点滴」の施工効果はほとんどと言っていいほど「体感」できます。
お客さんからのフィードバックなので間違いないでしょう。


エンジンがいまいち力がないなあ


信号待ちの時にエンジンから振動が来る


燃費が悪くなってきた



とか、何か思い当たることがあれば一度試されてはいかがでしょうか?

作業時間は1時間、

費用は7875円(消費税込み)

です。







posted by てんちょー at 14:31 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ