2013年12月11日

プリメーラの車検あれこれ

日産プリメーラ TP12 平成14年式 11年目の車検のあれこれ

ss-P1000852.jpg




ブレーキまわり、足回りは通常の分解、点検、清掃、ブレーキフルードの交換で問題なし。

発電機やらエアコンコンプレッサー、パワステポンプなどを回すベルトはもう限界で交換。


ss-P1000849.jpg

ss-P1000847.jpg



エンジンオイルとフィルターは交換時期なので。
エンジンオイルを抜いてフィルターを外します。

ss-P1000854.jpg

ss-P1000855.jpg



オイルを抜くときに車によってはオイルを貯める部分に抜けきれないオイルが残ったりします。
自分のこだわりとしては交換するのだから古い分を完全に抜き取りたいので本来はブレーキオイルを抜くための吸引器を改造して使ってます。

ss-P1000869.jpg



先を曲げたパイプを作ってそこにたまったオイルをほとんどの車で最後まで抜き取ります。

ss-P1000870.jpg

ss-P1000871.jpg


これで自分自身がすっきりしてるところが多分にあります(笑)



あとはオイルを抜くために外したボルトのパッキンを変えて締め付け。

ss-P1000876.jpg



オイルフィルターを取り付け。

ss-P1000881.jpg



取り付けたあとはパーツクリーナーで洩れたオイル分を根こそぎ洗浄します。

ss-P1000882.jpg




我々がオイル分を洗浄するには見栄えの問題もありますが、それよりももっと重要な意味があります。
「作業後に洩れたのか?」を判断するためです。
ここでオイル分をリセットしておけば、将来オイルが洩れ始めたときに

「あの作業以降に洩れ始めた」

と切り分けができるのです。

他所で作業したお車で、オイルフィルターを替えたあと、漏れたオイルを洗浄しないでそのまま,と言う作業も見受けられます。
これでは将来の診断作業の障害になってしまいます。
このあたりは「もし自分がオイル漏れの箇所を探すのなら」,と言う気持ちになってくれたらエエのにな、と常々思っています。



さてこのプリメーラ、さすが10年越えで他にもいろいろ作業があります。
次のブログで続きを。





posted by てんちょー at 01:40 | Comment(0) | ふたば車検
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ