2014年01月27日

ブルーバードの車検 20年経つとゴム部品がずたずた

大事に車を乗るということはゴム部品をどれだけ入れ替えるかにかかっています。

日産ブルーバード HU13 平成7年式 距離236000キロ

ss-P1020803.jpg



今回が最後の車検だと言うことで入庫。
今までにもいろんな修理を続けてきて、それなりに手が入ってきた車です。
さすがにいろんなところがくたびれてきましたので、「快適」には乗れなくなってきました。


ということでいろいろ相談させてもらい、費用対効果の最大公約数的な部分での車検作業。


とにかく車検合格を目指す方針で行くことになりました。
とはいうものリフトアップしていろいろ見渡すと車検合格の為の避けられない作業がいろいろありましたのでそのあたりを重点的に・・・・

ドライブシャフトのブーツおよびエンドブーツと呼ばれるハンドルからの操作をタイヤに伝える部分の関節を保護するゴム、などなどは経年劣化でパックリです。

ss-P1020805.jpg

ss-P1020814.jpg



ドライブシャフトを車体から取り外します。
言葉では簡単、作業量多し

ss-P1020807.jpg

ss-P1020815.jpg



エンドブーツを替えるためとシャフト取り外しのために関節を切り離す必要があります。
そのための特殊工具。
これを使ってネジを締め込んでいくと外れるのですが、この外れるタイミングが毎回違いますし、外れるときは跳ね上がるように外れるのですごい音とショックが有ります。
締め込んでる間は「この回で外れる?」と1回1回ビビりながら締め込んでいきます。
黒髭ゲームをやってる気分(笑)

ss-P1020818.jpg



そして「バンッ」という音と共に外れました。
今回も意表を突かれて腰抜けそうになりました(爆)
この作業、嫌です・・・

ss-P1020819.jpg



あれこれずらしながらシャフトを抜き取ります。

ss-P1020820.jpg

ss-P1020821.jpg

ss-P1020823.jpg

ss-P1020824.jpg



無事車体から外れたシャフトの破れたブーツを交換。

ss-P1020828.jpg

ss-P1020834.jpg

ss-P1020835.jpg

ss-P1020837.jpg



グリスべっとりの部品なので全てを洗い流して、新しい部品が来るのを待ちます。
その間に他の作業。
オイル変えたり錆びまくってるワイパーの土台を塗装したり・・

ss-P1020840.jpg

ss-P1020841.jpg



新しいブーツ到着!

ss-P1020842.jpg



シャフトの組立開始

ss-P1020843.jpg

ss-P1020846.jpg

ss-P1020847.jpg

ss-P1020848.jpg



シャフト組立完成!

ss-P1020849.jpg



あとはこれを元通り車体に。

ss-P1020850.jpg




途中は省略。
足回り全て組立完成。

ss-P1020852.jpg



ここまで出来たらあとは標準の消耗品類を交換。
ブレーキフルード、点火プラグ、エンジン冷却水、などなど。

車検に引っかかる部位がもう一つ。
方向指示器のランプ本体が割れてました。
これも保安基準に照らし合わせるとアウトです。

ss-P1020861.jpg


運転席を確認するとメーター内のシートベルト警告灯も点灯しない。
これも車検の基準に抵触するのであれこれ診断。
シートベルトを差し込むところのスイッチの接触不良で解決。



なかなかハードな作業でした。
最後の車検とはいいながらさすが20年、20万キロです。
そのほかにもエアコンが冷えないとか、ガラスの密着が悪いとか、ラジエーターの水漏れが始まりそう、とかいろいろ残ってるんですが・・・


でもこれこそが自分が考える、商品を大事に長いこと使うことが本当のエコ、ということ。

普段からお車に気を遣ってるオーナーさんですから効率のいい手入れをお手伝いさせてもらってます。
無駄な修理代はかかってません。
あくまでも各部品は「寿命」を迎えての交換ですから「故障」ではなく「維持」ですね。
20年間オーナーさんからかわいがられずっと愛されてきた車は「故障」はしませんでした。
これぞカーライフの真骨頂ではないでしょうか?







posted by てんちょー at 05:00 | Comment(0) | ふたば車検
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ