2006年06月24日

損保ジャパンの次は三井住友2

最近電話がよくなります。お客さんじゃなくてご同業。
で、内容は「業務停止ってどんなことが出来て、どんなことが出来ないの?」ということです。

経験者は語る、ってちゃうちゃう。

変な先駆者になってしまって苦笑い。
そりゃひととおりこれは出来てこれはあかん、っていえますけど会社によって判断違うやろうし、一番やばいのは勝手に判断してしたことでおとがめが来ることでしょう。

これって一種の

免停
ですからへんなことやって

免停中の運転
と判断されるともっときついお仕置きが待ってる。
保険会社が一番恐れるのはこういうことなんじゃないですか?

損保ジャパンの場合、パンフレットから申込書に至るまで一時預かりです。
ヤマト運輸の倉庫にしまい込まれました。
販売グッズを代理店から引き上げることで、

免停中は車も預かります
作戦に出たのです。
慎重すぎるぐらいの配慮ですが仕方ないかな。

ちなみに本家のホームページ内にある保険のページもアクセスできないようにしてください、と指示が来ましたので閉鎖中。

もっとも一日3人ぐらいしか見ないページなんですけど(爆)


上位になれるか実験協力お願いします。
banner_02.gif
人気blogランキングへ







posted by てんちょー at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/895697
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ