2014年03月10日

セレナのオイル漏れ 2台目

このブログを見て、「同じ症状なので修理してください」とご入庫。

なんと尼崎からご来店いただきました。

電話での第一報は


ブログで見た通りの症状です。一度行きますので診断してください」


とのお話しで一度ご来店いただきました。
診断の結果まさに「ブログと一緒」でしたので部品を発注して後日ご入庫いただき作業しました。


今回は白のセレナ。PC24 平成12年式 18万キロ走行です。

ss-P1030582.jpg

一目でわかるほどきっちりメンテナンスされたセレナです。
我々が考える「メンテナンスはこうでないと」という車へのこだわりが感じられる気持ちのいいセレナですね。



診断すると前回のセレナと同様の作業。
洩れ方も一緒ですね。

ss-P1030584.jpg

ss-P1030585.jpg

ss-P1030586.jpg



カムカバーを外します。

ss-P1030587.jpg

ss-P1030588.jpg

ss-P1030589.jpg

ss-P1030591.jpg

ss-P1030592.jpg

ss-P1030594.jpg

ss-P1030596.jpg

ss-P1030597.jpg



硬化したカバーとエンジンの間のパッキンを外します。

ss-P1030600.jpg

ss-P1030601.jpg



小さい部品ながらカムカバーをエンジンに取り付けてるボルトの部分にあるパッキン。
13個(!)あるので単価は安いですが今回一番金額のかかる部品です。

ss-P1030603.jpg



全て交換します。

ss-P1030604.jpg



あと今回のこのエンジンはカムカバーのパッキンからの洩れよりディストリビューターと呼ばれるこの部品の根元からの漏れが多かったです。

ss-P1030606.jpg

ss-P1030607.jpg

ss-P1030608.jpg



パッキンを組み付けて時に指示された部分に液体パッキンを併用します。

ss-P1030612.jpg

ss-P1030613.jpg



カムカバーを元に戻します。
13個のボルトを締めますが締めすぎは厳禁。
パッキンがつぶれすぎて効果がなくなるので規定トルクで締めます。

ss-P1030618.jpg

ss-P1030619.jpg



プラグコードも高級品です。

ss-P1030620.jpg



配管類なども復元して完成!

ss-P1030621.jpg



漏れていたオイルを清掃。
30分ほどエンジンを回して漏れがないかを最終点検。

ss-P1030622.jpg

ss-P1030624.jpg




無事オイル漏れが治りました。


尼崎からおいでいただいたMさま。


「同じ症状を修理したことのある自動車修理工場が安心して任せられます」


というお言葉頂きました。

数多い自動車整備工場から当店をご指名いただきありがとうございました。










posted by てんちょー at 05:00 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ