2014年04月24日

ピカピカレイン 第2弾

ワゴンRに続きラパンも塗装磨きました。


ラパンは以前磨いた一番最近復活させた黒のワゴンRを偶然にも登録月が2ヶ月しか変わりません。
つまりは同じ年月、働いてるわけです。
2年ほど前にうちの代車の仲間入りしたのですが、そのときから「一度はツルピカにしてやりたいなぁ」とおもいながら今日に至ってました。
やっと順番が回ってきて仕事の空き時間を使って磨きました。

ss-P1080384.jpg


最後に塗るコート剤、今回は「Hyperピカピカレイン」を使ってみました。

ss-P1080381.jpg

ss-P1080382.jpg


スーパーとHyperは何が違うねん?と言う素朴な疑問がわきますね。
ざっくり分類すると

スーパーは「親水性(しんすいせい)」
Hyperは 「撥水性(はっすいせい)」

です。


親水性というのは塗装面に付いた雨水は見た目はべったりと流れ落ちるという感じ。
撥水性というのは玉のように水をはじき、コロコロ転がせて塗装面に留まらせないという感じ。

昔ながらのワックスのよく効いたクルマは雨水を思いっきりはじいてました。
つまりは「撥水性」を前面に押し出してたのですが、玉のようになった水滴がレンズ効果を起こして塗装を傷める、という説が出てきて、親水性を宣伝するコート剤が現れました。
親水性のコート剤のうたい文句は

「汚れと塗装面の間に水膜があり、汚れはそれによって流れ落ちるので雨が降れば振るほど車がきれいになる」

というものです。


ただ日本人というか、車を大切にするおっさん世代はこの親水性はあまり評判良くありません。
「せっかくコートしたんやから水は玉のように弾いてもらわな」と撥水性が好きな人多いです(笑)
昔の「ワックス塗り塗り世代」は撥水性大好き!!

てなわけで今どきのコート剤も親水性と撥水性の2種類用意しないと売れないとか・・・


ss-P1080386.jpg

ss-P1080389.jpg

ss-P1080390.jpg


塗り終わりました。
12時間は水に濡らしてはいけない、という説明文があります。
完全硬化は2週間。
12時間経てば雨はいいけど洗車機は2週間経ってからね、ということです。


さてさてHyperの撥水性はいましばらく我慢して、後々確認してみましょう。

もうちょっとHyperピカピカレインの詳細はことならのリンクからどうぞ。











posted by てんちょー at 19:20 | Comment(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ