2014年04月29日

XPからwindows7へ引っ越し

イヤイヤながらも昨今の情勢には勝てずパソコンの引っ越し・・

まずは嫁のパソコンから手始めにやってみました。
XPから7に引っ越しするときにこのソフトのおかげでどれだけ助かったか。
AOSテクノロジー社の「パソコン引っ越し11」(9もありますがアプリは動かせない)
アプリケーションとデーターと設定をそのまま移行してくれます。

これ最初の1台2980円、2台目以降1980円。
時間と労力考えたらこれは安い。

ほんとにオススメ。
身をもって体験したのでほんとに助かりました。
このソフト右斜め下



Windows3.1(知ってますか?)の時代からパソコンに慣れ親しみ、プログラムという分野には全く興味を持たずひたすらパソコンを「マシン」としていろいろ扱ってきました。
真っ黒な画面に白い文字でキーボードから打ち込むアルファベットで物事をこなす時代からすると、マウスでアイコンをクリック、という動作はほんとに画期的でした。
いまでもAppleのアイデアをマイクロソフトのビルゲイツがパクったという話は有名な話ですね(笑)
売れたもの勝ちです。

Windows95がでたときはそりゃもう大騒ぎ。
覚えてる人も多いのではないでしょうか?
そしてWindows98からWindowsXPへ。
ほんとにこのXPというバージョンでWindowsは「フリーズ」いう呪縛から解放されました。
そのおかげで仕事に本格的に使えるようになり今の台数まで広がりました。

そして今度のサポート終了騒ぎ。

なぜXPから、Vista、7、8.1とバーションが進んだのにXPがこれだけ残ったのか?
これは一言で


「バージョンアップできなくて新規インストール」


しか選択肢がなかったからデス。
厳密に言うとXPからVistaにはバージョンアップできましたが、このVistaというバージョンがあまりにも出来が悪くてみんなが敬遠しました。
そして次に出た7は評判が良かったにもかかわらずXPから直接バージョンアップできなかったので、みんなXPに取り残されたのです。

そして新規インストールの最大の難点は


「既存の環境をそのまま持って行けない」


もうこの一言に尽きます。


いままで自分の歴史に中でいくつもバージョンアップを失敗したり、ウィルスにハードディスクを全部消されたり(笑)して、そのたびに使ってきた環境を一から作り直すのにどれだけ時間と労力を使ってきたことか。

それを思うと引っ越ししてください、でも新規インストールね、といわれたら目の前真っ暗になってしまいます。
「簡単にいうなよ!」・・・・です。



でも時代も進んで、何かいい方法がないかなあ?とGoogleで探してみたら、引っ越しにも時代の進歩が有ったわけで冒頭に書いたソフトに巡り会ったわけです。
完璧に移行、とは言えませんが、新規にやり直すこと考えたらもう感動ものです。

新しく買ってきたパソコンにこのソフトを使って引っ越ししたら、たぶんその日から前のと同じような感覚でパソコンを使えると思います。
ウィルス対策などの「常駐系」のソフトは引っ越す前に一旦アンインストールしておくのがコツです。
プリンターなどの設定ぐらいはやり直さないといけないこともわかりましたが、そんなのほんとに簡単なことです。

「XPのままで使い続けても何とかなるよね?」

と思ってる人は、実は運転免許不携帯で運転してるのと同じ不安を感じていませんか?(爆)
なんとかなるよ、と思いながらも事故や検問でもあったどうしよう・・・と言う不安。



これを使えば引っ越しは簡単にできます。
ぜひチャレンジしてあたらしいWindowsで安心してお仕事・遊びにパソコン使ってください。

オススメ!!右斜め下



これから自分のパソコンの引っ越しにチャレンジしま〜す







posted by てんちょー at 02:01 | Comment(0) | いんたーねっと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Powered by さくらのブログ