2006年07月14日

言うてる尻からETCレーンでの事故

数日前にETCレーンの事故が増えてることについて書きましたが、言わんこっちゃない・・・・・・・・・・・・・遮断機に突っ込みました。


今日はお見舞いがあって阪大病院まで行きました。
近畿道〜阪和道で快適に吹田から帰ってきました。
いつもながらETCは快適ですね。財布からお金出したり、小銭の用意やらおつりを握ったまま数q走るとか、まったく心配なく運転に専念できます。
これだけでも交通安全に貢献してると思うのですが。
特に男性はお尻のポケットに財布を入れてたりするので、料金所が近づくまでお金の用意を忘れてたときには運転席で尻を上げるあの体勢が、絶対危険だと思います。
普通に道で財布を出そうとその体勢でアクセルを踏んでしまいガードレールに串刺しになったお客様がいます。

さて阪和道ともおさらばして100円道路へ。

こないだの工事から以降いまは100円道路にはいったところで料金所があります。
前に10トントラックが走り、そのトラックについてETCレーンへ。
なんとそのトラックが通った直後、ゲート上部の侵入OKの青信号が突然赤に!!
なんで?と思いきや前のトラックが急停車。


どうやらバーが開かなかったようで、バーをちょうど車体の真ん中あたりまでオーバーして停車してしまいました。
後続の私はそろそろ近づいていったものの立ち往生。
しかしトラックがうちの車が居ることに気づいておそるおそる前進して、通してくれるように位置を変えてハザード点灯でそのまま止まってました。
インターホンを押しにいったか、自分の車の損傷を確認したかったのでしょう。

まさに先日書いたことが目の前で起こったわけで、「止まるかもしれない」と車間距離を開けた直後の出来事で、余裕があったためランプの赤が見えて、これは前のトラックがトラブった、と判断できて難を逃れました。
あれで追突してたら現状の慣例では全部こっちの責任ですからね。
危うく車一台を大破させるところでした。

通りながらゆっくりと遮断機付け根を見たらうまくできてますね。
そういうことが起こっても根本で90℃に曲がる構造になってました。(100円道路のETC機器は最新でしょう)
けど乗用車であればバーと接触したところは何らかの傷は残るのでは、と思います。

やはりETCは「前車は止まるかもしれない」が大事なようです。


お読みになればポチっとな↓ ちょっと順位が上がってきました。なんと197位。大躍進ぶりを確認。皆さんのおかげです。
banner_02.gif
人気blogランキングへ







posted by てんちょー at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | くるまのしゅうり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/965492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ